薪ストーブ専門店 アリュメールトップページ > 薪ストーブ先進国の基準に則った施工方法

薪ストーブ先進国

基準に則った施工方法

安全な薪ストーブライフの為に…

楽しく薪ストーブライフを送っていただく為に、安全は欠かせません。
しかし、日本国内において、薪ストーブにおける法律などのルールは充実しておりません。

ALLUMERでは、日々進歩する住宅性能や薪ストーブに対応する為、薪ストーブ先進国であるイギリスへ定期的に訪問し、薪ストーブに関わる建築基準法や施工法、メンテナンス方法を学び日本の住宅環境へ適合させてALLUMER全店へフィードバックしております。

海外の法規で担保された安全な施工でお客様の薪ストーブライフをお守り致します。

​日本の常識が世界では非常識

例えば、日本国内の一般的な煙突壁出し施工では、90度に屈曲した箇所が2か所設けられますが、煙の排出を阻害しており、屋内への排出ガス逆流等のリスクが高まる為、イギリスの建築基準法では認められておりません。

ALLUMERでは煙突の屈曲を45度に留め、より緩やかな煙道形状を保つ施工方法を採用しています。

排出ガスの逆流リスクの抑止だけではなく、煙突掃除の際にもメンテナンス性を向上させています。

ALLUMERは最新の薪ストーブ情報を入手するため、定期的に直接海外へ足を運んでおります。
​薪ストーブを安心、安全に取り扱うプロフェッショナルグループであることで、より多くの皆様に薪ストーブをより深く楽しんでいただければと思っております。

薪ストーブ専門店アリュメール